ニキビ解消(ニキビ跡改善)には

 正しいスキンケアとニキビ肌を保護するベースメイクを継続することが大切。

ニキビ解消サロン京都美顔
イベント情報 よくある質問 お問合わせ トップ
店舗紹介 無料カウンセリング 各トラブルについて トラブル解消ケアの流れ 口コミ・評判 オンラインショップ
 
ニキビ解消
皮膚の構造ニキビ 解消・ニキビ跡赤ら顔乾燥肌・敏感肌シミ・クマ・くすみ・しわ・たるみ
ニキビ解消・ニキビ跡

ニキビ(ニキビ跡)を治すためには、自分の肌のしくみを知ることが一番重要です。
ニキビ(ニキビ跡)で悩む皆さんは、これまで様々なニキビ解消法を講じてきたことでしょう。


しかし、本当に、自分が求める「きれいな肌」を取り戻すことができましたか?
ニキビ(ニキビ跡)の原因・メカニズムなど、難しいところはカウンセリングでも説明していますが、必ず一度はじっくり読んで見てくださいね。

                                 とにかくつらい気持ちを相談したい方は       ≫≫無料webカウンセリング
                                 何をするか、費用はどれくらいかを知りたい方は ≫≫ニキビ解消の費用と流れ
ニキビ(ニキビ跡)は、顔から首にかけて出ることが多く、見た目にかかわることから、痛切な悩みとなります。

間違ったスキンケア手段の蓄積によっては ニキビ を悪化させたり、ニキビ跡(ニキビ痕)を残すことも少なくないので、
ニキビがある肌へのスキンケアは、慎重かつ的確に行わなければなりません。
ニキビ(ニキビ跡)解消コースのあるエステや、ニキビ治療で有名な病院の皮膚科に行って各種治療を受けても、必ずしも良くならないという場合が多く、今なおニキビ(ニキビ跡)の解消方法を探し続ける方が多いのが現状です。


ニキビ(ニキビ跡)をなくしたい、肌を綺麗にするために色々やってきたけど、どれも効果なく、もう何を信じていいのかわからない。」

「自分の ニキビ(ニキビ跡)は一生治らないのかも」


・・・・・そんなこと考えていませんか。
思いつめず、焦らず、少しの時間と手間はかかるけど、キチンと ニキビ(ニキビ跡)とさよならし、綺麗になれる方法があります。
ここでは、京都 美顔で行っている ニキビ やニキビ跡の原因・スキンケア方法を紹介すると共に、正しいスキンケアの知識を提供します。
皮膚の状態は人それぞれ違いますが、個々に応じた解消法を行っていけば、必ずきれいに解消できますので、ご安心下さいね。
                                
  

◎ニキビ(ニキビ跡)って?


若い頃に発症するニキビは、普通は放っておいても自然に無くなり、またニキビ跡(ニキビ痕)も時間が経つとキレイに消えていきます。


しかし中には、先天的・後天的な肌質・体質により、20代・30代、そして40代を過ぎても

ニキビが出続け、その全てがニキビ跡となり強い色素沈着により、シミのような痕になる方も少なからずいます。
どちらにしてもニキビ やニキビ跡(ニキビ痕)である限り、どのような部位に発生しても、その解消へ向けての対応方法は同じです。


ただし、肌トラブル解消において“年齢”というのは非常に重要になってきます。
実際に難治性の肌トラブルになっている人の場合は、実際の“年齢”以上に肌の老化スピードは相当なハイペースになっています。
これに対応するには、基本的スキンケアと日常の生活習慣・環境・食事の見直し、簡易な運動の励行を含めた、あなた自身の自発的行動(自助努力)を必要とします。
これにより肌の老化スピードを鈍らせ、内面からの自然治癒力をアップさせ、あらたなニキビ発生をも抑止します。
ニキビ・ニキビ跡の発症メカニズム
 
人の体には手掌、足のうら以外にたくさんの毛孔があります。
特に顔には多く、額では1cm四方に900〜1,000箇所程度あるとされています。
毛孔には脂線と呼ばれる袋があり、ここから分泌される脂肪の量が、体質・食べ物・ホルモン、その他の複雑な要因で多くなります。
更には紫外線、肌の乾燥等で毛孔や脂腺排出管が閉塞され、脂腺が増大し ニキビ となります。

またPアクネ、Stエピッド等の ニキビ 菌が増殖・増悪し、新たな ニキビ が発生する悪循環となったりします。以下の要因が重なり合ってニキビが発生します。


◆遺伝的体質 (両親や親族に ニキビ で悩んだ人がいる)


◆ホルモンによる(思春期の頃このホルモンにより皮脂の排出量は極めて多くなる)
◆食事、特に糖質類の過剰摂取は、皮脂の分泌量を増加させる(糖質・脂質の取りすぎは ニキビ の元)
◆紫外線や肌の乾燥により、毛孔や脂腺排出管が閉塞される(日焼けは ニキビ の大敵)
ニキビ・ニキビ跡
ニキビ・ニキビ跡の治療
 

ニキビ が発生し、ニキビ菌の増殖や皮膚の保護力を失った皮膚から様々な雑菌も侵入し、単純な ニキビ から膿胞へと移行したり、ニキビ のパターンによっては集ぞく性のタイプもあり、これらは皮膚の深部にまで及びますので、周囲の組織を壊し治まった時にはヒッツレ、ケロイド、凸凹となったりします。
又、アレルギー体質を持つ人に皮膚の過敏な場合が多く、例えば蚊にさされた程度の傷もジクジクし、治まった後、その部分に色素沈着を残す例と同様、ニキビ自体も皮膚にとっては傷ですから、炎症と喪失した部分の皮膚の埋め合わせをする表皮細胞の活性化により、色素細胞もこの活動と連動して活性化する結果、ニキビ部分に色素沈着が発生します。

以下の要因でニキビ痕(跡)が発生します!

◆ ニキビ が発生し、過剰な洗顔を行ったり、間違った情報によるスキンケアを行う。
◆ 寝具や洗面用具が清潔にされず 、Pアクネ 、Stエピッド等のニキビ菌により ニキビ が増悪する。
◆ 顔面は、体の他の部位と異なり薬剤等の吸収率がきわめて高いため薬剤の連用、常用を行うと強い副作用から ニキビ は
  治まっても、強いニキビ跡や、皮膚が薄くなる超敏感肌となったりすることもある。
◆ 放置すれば、ニキビ (ニキビ跡)は大人になれば治ると考え、洗顔以外何もせず放置する。
◆ 当然ですが、ニキビ の発症によるニキビ跡 (ニキビ痕)ですから、ニキビ がなければニキビ跡(ニキビ痕)は発生しない 。

ニキビ・ニキビ跡は傷
 
例えば、不用意にカッター・刃物等で手足を傷つけ多少の出血があった場合、傷口を消毒しバンドエイドや包帯で傷を保護しますね。
このような対応により、出血は間もなく止まり、その後にカサブタができます。
これも数日後にはなくなり、薄赤い傷痕が残りますが、更に時間の経過と共に跡形も無くなる経験を多くの人が持っている筈です。
ところが深い傷を負った場合、病院で傷を縫い合わせ、包帯で保護していると傷は治癒しますが、殆どの場合に「傷痕」が残ります。
これらと同じく、初期の ニキビ や進行過程の ニキビ であれば、正しい スキンケアと化粧品による保護により痕にならずに治ります。
しかし、 ニキビ を自然治癒に任せたり、自身でつぶしたりすると皮膚の組織が破壊され、結果として傷跡・ニキビ跡(ニキビ痕)となる例が大変多くあります。
※よく、ピーリングをしたいのですが・・・というご相談をお受けします。
ピーリング(皮膚を剥ぐ)は、表皮の再生を期待してのものですから、ニキビ跡(ニキビ痕)に対して無意味となりかねません。
僅か0.2mm程度の表皮に対してピーリング剤が基底層に至ると、表皮はその再生力を失います。

ニキビ は毛孔の脂腺を中心とする症状ですから、少しばかり表皮をいじっても ニキビ やニキビ跡(ニキビ痕)を解消するには至らない無意味な行為となりかねません。


特に、ニキビが出来てもなかなか治らず、ニキビ跡になりやすい敏感肌質の方には 、その後の肌に最悪の結果をもらたす可能性もあります。
★ケミカル ピーリングは、元々アメリカでブームになったものが、日本に上陸して定着したものですが、現在、2億8,000万からなる人口をかかえるアメリカ合衆国の中で、概算で8,800万の人々が ニキビ ニキビ跡( ニキビ痕)の悩みを抱えているといわれています。
街中で手軽にケミカル ピーリング剤を買える、ピーリング先進国の米国でもこの状況ですから、賢明な方であればこれが何を意味するのかはすぐにご理解いただけることでしょう。
 
 
傷などの跡がなかなか消えない理由
通常、ケガをしたあと(傷あと)は、半年〜1年程度でほとんど目立たなくなります。しかし、傷が化膿してしまったり、傷の安静を保たなかったりすると、傷口が赤く盛り上がってしまう「肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)」になってしまうことがあります。また、体質によっては、傷口の周りまで赤く盛り上がる「ケロイド」になることもあります。 このような現象が起こるのは、ケガをすると皮膚にある「繊維芽細胞」がコラーゲンという蛋白質を作ってその傷を修復しますが、傷口が化膿してしまったり、傷の周りの血行が悪いと修復がなかなか上手くいかないためです。 肥厚性瘢痕・ケロイドは、この修復の過程でコラーゲンが異常に産出され、傷口からあふれ出て盛り上がってしまった状態なのです。
 
顔だけに限らず、体のどこにケガ(傷)をしても、「栄養をしっかりとる」「患部の安静」「傷の清潔を心がける」などケアの基本は
しっかり守らなくてはなりません。
人間の体は機械ではありません。
ニキビ(ニキビ跡)一つをとっても、それ自体を修復させる最大の要素はその人自身の体質・肌質の自然治癒力にかかってきます。
短絡的に、何かを塗布したり、飲食したりしただけで「アッ」という間に改善されるものではありません。
今ある ニキビ を改善して行くのと同時に、その後にできる傷もニキビ跡(ニキビ痕)にならないようにするには、ある程度の時間と正しいスキンケアによる毎日の「地道な努力」はどうしても不可欠です。
もちろん地道な努力も、正しい指針がなければ何の意味もありません。
誤ったスキンケア、薬物や化粧品使用、根拠の希薄なエステテクニックを、どんなに続けても ニキビ は進行し皮膚の深部に広がると、凹凸の肌、しこり、ケロイド状等の生涯のニキビ跡(ニキビ痕)となります。
人の価値は外見よりも内容であることはわかっていても、人生の最も華やかで多感な時期に肌の悩みがあると、
考え方も暗くなってしまうものです。

このニキビ(ニキビ跡)さえなければ、と考え手軽で安価なものに手を出して、本当にニキビ(ニキビ跡)が治るのでしょうか?


美肌を獲得するするためには、根気と時間が必要です。
当然の事ながら、皮膚はからだの一部で、健康を維持する上で、とても大切な役割を持って働いています。
お肌のトラブルを、レーザーやピーリング等の医科的手法で即解消する事は、肌質によって不可能な方も多くいるのです。
自分の肌質、体質を見つめなおし、今、ニキビを治すために本当に必要なことを考えましょう。
                   ☆皮膚=体に負担や副作用を与えずにキレイになるには、科学的根拠に基づいた時間(期間)が必要です。

● ニキビ やニキビ跡(ニキビ痕)の解消


ニキビ を治すにはその発症メカニズムを知る必要があります。 次から次へとできる ニキビ には訳があります。

◎ニキビ ができる原因


  1:脂腺の活性化
  2:毛漏斗又は脂腺排出管の閉塞
  3:毛漏斗内のニキビ菌(Pアクネ・STエピッド)棲息
  4:皮脂組成の異常

 

以上の4条件でニキビが発症します。


京都 美顔へのお問い合わせや、メールを寄せる多くの方が「ストレス」、「食べ物」、「化粧品」、「 ホルモン バランス」等、一つの理由だけでニキビが発生したと思いこまれているケースが多いのですが、ストレスや食べ物等はニキビ発症の一条件であって、それだけで、或いはホルモン バランスだけで ニキビ が発症するのではなく、上記の4条件が揃うと ニキビ がでるのです。 従って ニキビ を治すには該当する4つの条件をクリアにする必要があります。
ニキビ やニキビ跡(ニキビ痕)を真剣に解消したいと願うなら、結論を述べますと化粧品の使用のみ、エステサロンへ通うのみ、薬や健康食品に頼るのみ、美容機器の使用、レーザー光線等の照射等のみでは、ニキビ の発症メカニズムや現存する ニキビ やニキビ跡に対して無力です。

解消するには、京都美顔で新たな ニキビ発生を抑制しながら、発症してる ニキビ (ニキビ跡)を解消するのが近道です。


                                                  ≫≫

ニキビ(ニキビ跡)解消のスキンケアと流れ(費用)


ニキビ(ニキビ跡)を化粧品の使用のみで解消しようとする方がいますが、それだけで ニキビ(ニキビ跡)で解消するのは残念ながら困難です。


◎食事、栄養
◎睡眠
◎心身の健康(悩みごと、ストレスなど)
これらのバランスと、きちんとしたスキンケアの相乗効果で、今あるニキビをなくし、新たなニキビの症状が出ないようにするのが
京都美顔のトータルスキンケアです。

●真剣に、ニキビ やニキビ跡(ニキビ痕)を治す為には


ニキビ やニキビ跡(ニキビ痕)、赤み等の症状解消を本気で望まれる方は、京都美顔での正しい肌 トラブル解消特殊ケアをお受けいただき、キチンとノウハウに沿ったホーム スキンケアを行う事が必要です。
それには、通信販売で商品をただ購入すればいいのではなく、これまであなた自身が自分の肌にどう接してきたか、洗顔一つにしても明日からどうすればいいのか、それを続けるとなぜ綺麗になれるのか、あなたの理解がもっとも重要です。
その為には、確かな情報と経験に裏打ちされた私のカウンセリングを受けて、ニキビ発症の根本原因を探り出し、それを解消するための的確なスキンケアの励行と日常生活の見直しが必要最低条件となるのです。

私も重度のニキビ解消経験者です                   ≫≫ニキビ克服経験者オーナーからのメッセージ


あなたの悩みの深さやつらさが、きちんとわかるから、マンツーマンでカウンセリングします。安心してご相談くださいね。
私は、あなたを綺麗だった頃の元の美肌に戻すために協力するパートナーです。
これ以上、一人で考えないで、思い悩む気持ちをご相談ください。
 

ニキビ やニキビ跡(ニキビ痕)のご相談は、無料WEBカウンセリングから。

ページのトップへ▲
 
無料カウンセリング各トラブルについてトラブル解消・ケアの流れよくある質問Q&Aオンラインショップイベント
皮膚のしくみニキビ解消・ニキビ跡改善赤み肌改善敏感肌解消(アレルギー) 乾燥肌改善シミ クマ くすみ しわ たるみ相互リンク集
特定商取引に関する表記店舗紹介アクセスマップ口コミ・評判お問合わせプライバシーポリシーサイトマップHOME
Copyright(c)2004-2015SmartCosme. All Rights Reserved